お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




美しく青く澄みきったアドリア海を有する東欧一美しい国


クロアチアでいちばんのおすすめは、オレンジ色の屋根と青いアドリア海のコントラストがすばらしい世界遺産の街ドブロヴニクです。アドリア海のリゾートでのんびりしたい方はフヴァル島やコルチュラ島へ。森と湖に癒されたい方はプリトヴィッツェ国立公園へ。ローマの宮殿跡に今も人が住む町スプリットに泊まれば、アドリア海のクルーズも楽しめます。クロアチアはヨーロッパの中でも食べ物がおいしい国の一つです。イタリアンやシーフードなどのおいしいお料理を堪能できるのも旅の楽しみです。


ドブロヴニクページトップへ>

ドブロヴニク
Dubrovnik
「アドリア海の真珠」といわれる
小さな港町は街そのものを楽しむ街

15~16世紀には、ベネチアと並ぶ貿易都市だったドブロブニクの旧市街は、要塞のようにアドリア海に浮かんでいる。クロアチアの独立戦争では、ドブロブニクの旧市街もかなり破壊され一時は廃墟となってしまったが、修復も終わりほぼ元通りの美しい姿を取り戻している。 いろいろな場所でさまざまな角度から異なった時間に、旧市街を眺めてみよう。城壁に囲まれオレンジ色の屋根が連なる旧市街の町並みは中世の面影がそのまま残っていて、城壁に上ったり路地を散策するだけでまるで中世にタイムスリップしたような気分になれます。旧市街の背後にそびえるスルジ山からは旧市街とアドリア海が広く見渡せる絶景スポット。 また、ドブロブニクはおいしいシーフードが豊富。イタリア料理に近い味で日本人の味覚にも合うので、新鮮な魚介類をぜひ味わってみよう。


プリトヴィツェ国立公園ページトップへ>

プリトヴィツェ国立公園
PlitviceLakes
National Park
ヨーロッパの九寨溝といわれる
美しき自然の芸術

ザグレブとスプリットのちょうど中間くらいの山の中に位置するプリトビッツェ湖群国立公園。ユネスコの世界遺産にも登録されている世界的にも貴重な景観の誇る湖群公園です。大小16の湖には92本の滝が流れていて、周囲の緑と重なって芸術的な姿を見せています。クロアチア独立の際の内戦で荒らされ、一時は危機遺産となり緊急の保護措置がとられたほどのダメージを受けましたが、その甲斐あって現在は神秘的で幻想的な景観を取り戻しました。湖の色は深いエメラルドグリーンで、段々畑のように湖が重なって滝で結ばれている様子には思わずため息が出でしまいます。湖一帯はカルスト地形のため、水は石灰岩層によって浄化されて驚くほどの透明度。この水の作り出す自然の芸術は圧巻です。


ザグレブページトップへ>

ザグレブ
Zagreb
クロアチア文化の中心地、
クロアチアの首都ザグレブ

クロアチアの首都ザグレブは、緑に囲まれた美しい古都。バロック様式やゴシック様式の重厚な建物が並んぶ町並みは、日本人のイメージする「ヨーロッパ」に近く、今でも中世から続く芸術や文化の香りを感じることができます。ザグレブの町は、丘の上に広がる旧市街と駅周辺の新市街に分かれていて、ちょうど間にある町の中心となるのが共和国広場です。この広場はザグレブ発祥の地で、今でもつくられた17世紀当時の泉の跡が残っています。旧市街の見どころは聖ステファン大聖堂や聖マルコ教会。さほど広くないので半日あれば見てまわれるでしょう。ザグレブ市内には緑や花がいっぱいの公園が多くあるので、美しい町並みを眺めながら町歩きをお楽しみください。


スプリットページトップへ>

スプリット
Split
城壁に囲まれた世界遺産の港町

アドリア海沿の最大都市であるスプリットは、古代ローマ遺跡の残る世界遺産の町。スプリットの旧市街には、古代ローマ皇帝ディオクレティアヌスの建てた宮殿が残っています。その後、荒廃した宮殿の城壁内に人々の住居が造られ、現在でも遺跡と住居が隣り合わせの建物が並びます。付近には中世のゴシック、ロマネスク、ルネサンス様式の建物が残り、不思議な情緒を生み出しています。古代と中世、近代が混然一体となっている不思議な雰囲気のする町です。クロアチア独立戦争時に多くの建物はかなりのダメージを受けましたが、修復作業が続けられていて、これらの宮殿をはじめとする旧市街の史跡は世界遺産になっています。


コルチュラ島ページトップへ>

コルチュラ島
Korcula
マルコポーロ生誕の伝説に 彩られたアドリア海の魅惑の島

紺碧のアドリア海に浮かぶコルチュラ島。その旧市街の家並みは白い壁と赤レンガ色の屋根の織り成す風景。スプリットとドブロヴニクの中間に位置し、ペレシャツ半島の岩山を背景に、旧市街の風景は、まるで絵のような美しさです。細長い島は同じように細長いフヴァル島の南に位置し、船でのアクセスも楽しいものです。全長200メートル足らずの小さな旧市街には、正面のファサードがユニークな聖マルコ大聖堂やマルコポーロの生家という言い伝えがあるマルコポーロの塔や博物館などの歴史的建造物がたくさん立ち並んでいます。島内のレストランでは、地元ダルマチア名物の手長エビのブザラなどの新鮮なシーフード料理を、ワインとともに楽しめます。


フヴァル島ページトップへ>

フヴァル島
Hvar
アドリア海に浮かぶラベンダーが
咲き誇る世界遺産の島

フヴァル島は東西にのびた細長い島です。野生のラベンダーが咲き誇るという自然に溢れた島の西部に位置する中心の町フヴァルには、紺碧のアドリア海に歴史的建造物の赤レンガ色の建物が映えて、絵のような風景を生み出しています。町のシンボルである聖ステパノ大聖堂は16~17世紀にかけて建てられた優雅な聖堂です。また古い町という意味を持つスタリー・グラードの町は、紀元前384年に古代ギリシャ人によって築かれたと言う古い歴史があります。島の中部のスタリー・グラード平原は古代ギリシャ人がオリーブやぶどうを栽培していた史跡の保存状態が良いことから世界遺産に指定されているのです。


トロギルページトップへ>

トロギル
Trogir
陸続きの小さな島、
世界遺産の古都トロギル

アドリア海沿岸をスプリットから西へ走ること約25km。東西500m南北300mの小さな島全体が旧市街の美しい古都トロギルがあります。本土とは運河で隔てられ、1本の橋で繋がっています。その橋が町の北門で、そこから町へ入って行くと、広場を中心に大聖堂や市庁舎、カフェやレストランが軒を並べています。かつては島全体が城壁で囲まれていて、中世の面影が色濃く残る町並みは情緒いっぱい。南門を抜けると、海に面した開放的な別世界が広がっています。ゆっくりと海辺のプロムナードをそぞろ歩き、城壁の前のカフェのパラソルの下で憩いのひとときを過ごしたり、シーフードのディナーを楽しんだりと思いのままに楽しめます。


シベニクページトップへ>

シベニク
Sibenik
アドリア海を見下ろす 壮麗な聖ヤコブ大聖堂

アドリア海沿岸のクロアチア中部に位置する古い町シベニクもクロアチアのはずせない見どころのひとつです。中でも世界遺産に指定されている聖ヤコブ大聖堂は必見です。1431年から1535年までの約100年余りの歳月をかけて建てられたすべてが石造りの傑作で、途中で建築家が変わったため、ゴシック様式とルネッサンス様式がミックスした作りとなっているのが特徴です。


イストラ半島ページトップへ>

イストラ半島
Istra
アドリア海に浮かぶ
陽光きらめく美しき半島。

イストラ半島はスロベニア、イタリアに近く、ローマ時代の遺跡の残るプーラや、旧市街に中世の雰囲気を残す港町ロヴィニィ、ビザンツ帝国時代に建てられた世界遺産エウフラシウス聖堂のあるポレチュ、丘の斜面に沿うように建物が立ち並ぶモトヴンなど、小さい魅力的な町が多い半島です。ここでは、シーフードやトリュフ、オリーブオイル、ワインなどグルメも楽しめるので数日かけてゆっくり回りたいエリアです。


ロヴィニィページトップへ>

ロヴィニィ
Rovinj
どこかノスタルジックな情緒溢れる 小さいけど素晴らしい港町。

16世紀ヴェネチア共和国の時代に発展したイストラ半島に位置する港町ロヴィニィ。イタリアとのつながりが深く、町の看板にはイタリア語表記も多いです。この町の旧市街は中世そのもので、丘の上には聖エウフェミヤ教会が建ち町を見下ろしています。近郊には美しいリム・フィヨルドがあり、眺めるだけでなく美味しいシーフードも堪能出来ると人気です。青いというよりターコイズブルーのような色をした穏やかな海を眺めながらゆっくりとした時間をお過ごし下さい。